ロゴ paris21.tv
paris21.tvニュースレターの購読




 
Favoris et Partage

「What's up in Paris」2018年9月号にようこそ 「What's up in Paris」はパリで楽しめることをご紹介する月刊誌です。 「What's up in Paris」2018年9月号では パリで見逃せない場所やイベントなどを取り上げています! 夏の余韻を最大限に楽しむために パリでは驚きあふれるだけでなく、快適なイベントやアクティビティが開催されます。 9月9日には「Kadamati」ダンスショーがパリ市庁舎の前で開催されます。 15時から、イギリス人振付師Akram Khanのもと、 700名のダンサーやプロフェッショナル、アマチュアたちが集います。 ダンスのファンだけでなく、見るだけでも大歓迎です! 静かで公害のないパリ。夢のようだと思いませんか? 9月16日、車のない1日をお楽しみください。 文化遺産の日とヨーロッパ・モビリティ・ウィークに 自分のペースで、風を肌で感じながら過ごすのにぴったりのチャンスです。 心配しないでください。公共サービスや救急車、 警察車両、バス、タクシー、VTC(運転手付自動車)は時速30kmで走行できます。 都市部の自然、責任ある経済… 9月21日~9月23日、環境面での課題を取り上げるForum Low Carbon Cityが開催されます。 ラウンドテーブル、交流イブニング、ワークショップやソーシャルダイニングが 「明日の都市を構築しよう」と名付けられたこのイベントで企画されています。 詳細:www.paris.lowcarbon.city ヴェネチアのきらめき… 2018年9月26日~2019年1月21日までグラン・パレでヴェネチア共和国に関する展覧会が開催されます。 ミステリアスでありながらダイナミックなイタリアの都市の歴史と日常を発見するチャンスです。 「最も象徴的な絵画、彫刻、デッサン、オブジェ、 そして俳優や音楽家たちの作品を集めた」 ドージェの町にオマージュをささげる展覧会。 ピアツェッタ、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ、カナレット、 ベッロット、ポルポラ、ペレグリーニ、ヴィヴァルディといった著名な芸術家の作品を楽しめます。 詳細および予約: www.grandpalais.fr 2018年9月18日~2019年1月1日まで、ケ・ブランリ美術館では マダガスカルの都市に関する大規模な展覧会が開催されます。 1946年以降初めて、マダガスカルの芸術、 歴史、文化が350点以上の作品を通じて紹介されます。 展覧会は島の歴史、日常芸術、宗教芸術の3つのセクションに分かれています。 公式サイト:www.quaibranly.fr 9月15日~9月16日の 「文化遺産の日」には、パリの隠れた街角や秘密を発見することができます。 例えば20区では詩を求めて散歩するなど、 この「文化遺産の日」には様々な機会がパリを訪れる人々に提案されます。 Assia Djebar図書館またはEメール、電話(01 84 82 19 50)で 今すぐ予約してください。 19世紀にワイン倉庫として使われていたベルシー ヴィラージュでは、 ガイドとともにこの地区のワインの歴史を発見することができます。 ノスタルジーに浸りながら歴史を学べるひと時を楽しめます! 9月29日、ディズニーランド・パリではジャズという魔法がかけられます。 これは「Disney Loves Jazz」と名付けられた新しい音楽イベント。 チャイナ・モーゼス、ヒュー・コルトマン、セラ・スー、マイルズ・サンコ、 ロビン・マッケル、ベン・ロンクル・ソウルといった有名人が集います! 1919年にウォルト・ディズニーが初めてジャズを耳にした場所はフランスだったのです。 彼のお気に入りになったこの音楽ジャンルは、「ジャングル・ブック」や 「おしゃれキャット」、「トイ・ストーリー」に使用されるようになりました。 予約:www.disneylandparis.com 9月25日~26日、 L'Européenで開かれるショー「What's Going On」でソウルミュージックをお楽しみください。 ジェームス・ブラウン、ザ・スプリームス、オーティス・レディング、 アレサ・フランクリンの曲が15人のアーティストによって再現され、 1960年代から1970年代当時のサウンドとアレンジで、 アメリカのブラックミュージックの奥深さに焦点が当てられます。 予約および詳細:www.leuropeen.paris ラ・ヴィレット公園にあるフィルハーモニー・ド・パリでは、3つの特別コンサートが開催されます。 2018年9月14日(土)および2018年9月16日(日):ボストン交響楽団 グスタフ・マーラー作「交響曲第3番」 レナード・バーンスタイン作「ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード」 ドミートリイ・ショスタコーヴィチ作「交響曲第4番」などが演奏されます。 公式サイト:www.philharmoniedeparis.fr 年齢に関係なく、遊び心あふれたアクティビティを楽しみませんか? 2018年9月23日(日)に、シャン・ド・マルス公園で再びFamillathlonが開かれます。 ボート競技やクリケット、キックボクシング、スウェーデン式ジム、カンフー、クィディッチなど プログラムは盛りだくさんです。 詳細:www.famillathlon.org 特別な夜を過ごしたいなら、 シャンパーニュメゾン「クリュッグ」が海の幸を使った料理に舌鼓を打ちながら音楽を楽しむ、豪華で貴重なひと時を提案します。 透明感あふれる音を作り出す電子楽器オンド・マルトノを お楽しみください。 まるで水の中を漂っているかのよう。 また、日本独自の魚の調理法「活き締め」を学ぶクラスにも 参加することが可能。 その後、クリュッグ・グランド・キュヴェ・エディション166と共に海の幸をご堪能ください。 見逃せない1日です。 予約:www.krug.com ご精読ありがとうございました。来月号もお楽しみに!

ビデオコンテンツ : 「What's up in Paris」2018年9月号にようこそ
「What's up in Paris」はパリで楽しめることをご紹介する月刊誌です。
「What's up in Paris」2018年9月号では
パリで見逃せない場所やイベントなどを取り上げています!

夏の余韻を最大限に楽しむために
パリでは驚きあふれるだけでなく、快適なイベントやアクティビティが開催されます。
9月9日には「Kadamati」ダンスショーがパリ市庁舎の前で開催されます。
15時から、イギリス人振付師Akram Khanのもと、
700名のダンサーやプロフェッショナル、アマチュアたちが集います。
ダンスのファンだけでなく、見るだけでも大歓迎です!

静かで公害のないパリ。夢のようだと思いませんか?
9月16日、車のない1日をお楽しみください。
文化遺産の日とヨーロッパ・モビリティ・ウィークに
自分のペースで、風を肌で感じながら過ごすのにぴったりのチャンスです。
心配しないでください。公共サービスや救急車、
警察車両、バス、タクシー、VTC(運転手付自動車)は時速30kmで走行できます。

都市部の自然、責任ある経済…
9月21日~9月23日、環境面での課題を取り上げるForum Low Carbon Cityが開催されます。
ラウンドテーブル、交流イブニング、ワークショップやソーシャルダイニングが
「明日の都市を構築しよう」と名付けられたこのイベントで企画されています。
詳細:www.paris.lowcarbon.city

ヴェネチアのきらめき…
2018年9月26日~2019年1月21日までグラン・パレでヴェネチア共和国に関する展覧会が開催されます。
ミステリアスでありながらダイナミックなイタリアの都市の歴史と日常を発見するチャンスです。
「最も象徴的な絵画、彫刻、デッサン、オブジェ、
そして俳優や音楽家たちの作品を集めた」
ドージェの町にオマージュをささげる展覧会。
ピアツェッタ、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ、カナレット、
ベッロット、ポルポラ、ペレグリーニ、ヴィヴァルディといった著名な芸術家の作品を楽しめます。
詳細および予約: www.grandpalais.fr

2018年9月18日~2019年1月1日まで、ケ・ブランリ美術館では
マダガスカルの都市に関する大規模な展覧会が開催されます。
1946年以降初めて、マダガスカルの芸術、
歴史、文化が350点以上の作品を通じて紹介されます。
展覧会は島の歴史、日常芸術、宗教芸術の3つのセクションに分かれています。
公式サイト:www.quaibranly.fr

9月15日~9月16日の
「文化遺産の日」には、パリの隠れた街角や秘密を発見することができます。
例えば20区では詩を求めて散歩するなど、
この「文化遺産の日」には様々な機会がパリを訪れる人々に提案されます。
Assia Djebar図書館またはEメール、電話(01 84 82 19 50)で
今すぐ予約してください。
19世紀にワイン倉庫として使われていたベルシー ヴィラージュでは、
ガイドとともにこの地区のワインの歴史を発見することができます。
ノスタルジーに浸りながら歴史を学べるひと時を楽しめます!

9月29日、ディズニーランド・パリではジャズという魔法がかけられます。
これは「Disney Loves Jazz」と名付けられた新しい音楽イベント。
チャイナ・モーゼス、ヒュー・コルトマン、セラ・スー、マイルズ・サンコ、
ロビン・マッケル、ベン・ロンクル・ソウルといった有名人が集います!
1919年にウォルト・ディズニーが初めてジャズを耳にした場所はフランスだったのです。
彼のお気に入りになったこの音楽ジャンルは、「ジャングル・ブック」や
「おしゃれキャット」、「トイ・ストーリー」に使用されるようになりました。
予約:www.disneylandparis.com

9月25日~26日、
L'Européenで開かれるショー「What's Going On」でソウルミュージックをお楽しみください。
ジェームス・ブラウン、ザ・スプリームス、オーティス・レディング、
アレサ・フランクリンの曲が15人のアーティストによって再現され、
1960年代から1970年代当時のサウンドとアレンジで、
アメリカのブラックミュージックの奥深さに焦点が当てられます。
予約および詳細:www.leuropeen.paris

ラ・ヴィレット公園にあるフィルハーモニー・ド・パリでは、3つの特別コンサートが開催されます。
2018年9月14日(土)および2018年9月16日(日):ボストン交響楽団
グスタフ・マーラー作「交響曲第3番」
レナード・バーンスタイン作「ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード」
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ作「交響曲第4番」などが演奏されます。
公式サイト:www.philharmoniedeparis.fr

年齢に関係なく、遊び心あふれたアクティビティを楽しみませんか?
2018年9月23日(日)に、シャン・ド・マルス公園で再びFamillathlonが開かれます。
ボート競技やクリケット、キックボクシング、スウェーデン式ジム、カンフー、クィディッチなど
プログラムは盛りだくさんです。
詳細:www.famillathlon.org

特別な夜を過ごしたいなら、
シャンパーニュメゾン「クリュッグ」が海の幸を使った料理に舌鼓を打ちながら音楽を楽しむ、豪華で貴重なひと時を提案します。
透明感あふれる音を作り出す電子楽器オンド・マルトノを
お楽しみください。
まるで水の中を漂っているかのよう。
また、日本独自の魚の調理法「活き締め」を学ぶクラスにも
参加することが可能。
その後、クリュッグ・グランド・キュヴェ・エディション166と共に海の幸をご堪能ください。
見逃せない1日です。
予約:www.krug.com

ご精読ありがとうございました。来月号もお楽しみに!

関連キーワード:ツーリズム、ガストロノミー、パリ、首都、クリュッグ、Familiathon、シャン・ド・マルス、音楽、ソウル、アレサ・フランクリン、オーティス・レディング、ジェームス・ブラウン、ディズニーランド、文化遺産の日、20区、パリ・ベルシー・ヴィラージュ、Kadamati、ダンス、ケ・ブランリ美術館、グラン・パレ、ヴェネチア、展覧会、環境、環境責任、公害、車のないパリ、What's going on、ボストン交響楽団、クラシック音楽

ソーシャルネットワーク用イメージ:
 
 
 
 
   

 

お問い合わせ 
 Paris21.tv は、www.paris21.tvdで配信する広告やビデオの内容について、責任を有しません